【🔴慶祝/新生日本牽引軍=自民党結成60周年大会】
2015-11-29 Sun 07:00

[ (^-^)/ 皆さま、お早ようございます]

11月29日(日)  ☀晴れ15℃(東京)

( 🔴聖書「虹(にじ)は希望の約束🎵」…創世記 第9章9-19 全文後半)

☀誕生お芽出灯うです❗

本日は、世界と日本に「太陽の光と燃ゆる希望」を与えて来た自由民主党(自民党)の創立60周年記念日です。安倍晋三総裁の感謝メッセージ全文が、楽しみですね(笑)

☀日本統一司令官・安倍晋三に注目❗

今こそ「🙌日本1億総活躍社会実現‼」日本政府に国民は応えて、民間力の総てを繋いで、統一世界(理想国家・理想国民)の雛型としよう❗

🎵私の幸せとは「1つに成る」こと (笑)

■歴史/文明家「アーノルド J トインビー」の日本評から

            

【日本人は日本の為より、戦争で諸外国に偉大な歴史を残した】

大日本帝国軍は規律正しく、真っ当な軍隊だった。

戦争とは、定められた規律、軍服を着た「軍隊と軍隊と」による、正々堂々なる合法的戦いを言う。

国際法では、戦争の作法について、軍人の服装から始まって事細かに定められている。

そして、「民間人を殺傷する事は、明白に国際法で禁じられている、ただの犯罪行為(戦争犯罪)」である。

大日本帝国軍は、法を守って民間人を狙って攻撃しなかった。

一方、アメリカ軍は、国際法に違反して、日本の民間人を違法に殺しに殺しまくった。

東京で、広島で、長崎で、沖縄で、大空襲で、焼夷弾で、原爆で、火炎放射器で、

違法に殺して殺して殺して殺して殺しまくって違法な戦争犯罪を犯しまくったのである。やりたい放題民間人を殺しまくった。

戦後、連合国は焦った。

日本軍は、真珠湾でさえ、軍事施設、軍隊しか攻撃しなかった。

一方、連合国は民間人をこれでもかと殺しまくってしまったのである。全く以って違法なのに。

だから、連合国は東京裁判で、「平和に対する罪」、「南京大虐殺」を捏造してでっち上げた。

どうしても、日本軍を「悪役に仕立て上げなければならなかった」のである。

そして、南京攻略の責任者の松井を死刑にした。

当時の南京司令官の蒋介石が後に言ったという。「南京大虐殺なんて存在しない。松井大将には本当に申し訳ない事をした。」

かくして日本軍は悪役に仕立て上げられ、アメリカ軍は裁かれる事はなかったのである。

そして、こんな民間人虐殺という犯罪行為が裁かれることもなくまかり通ってしまったが故に、日本の子供達は戦争において民間人を殺すことが違法であるという事を知らない。

◼世界は今こそ「1つに結束する必要性」を実感している。

今回、オバマもプーチンも、そして安倍首相外交団も参加した、20カ国G20、21カ国ASEAN会議、昨日のAPEC会議の「3大国際会議」などの真剣な討議と決議がそれを示している。

折しも「不幸中の幸い?」とも言うべき、エセ=イスラムの無慈悲な【仏無差別同時テロ】が具体的な結束と統一行動を要求させた。

それは翻って、当然、国内の左翼共産党、また沖縄翁長など「組織内ガン」の壊滅にも、為すべき具体的統一行動を要求している。正に世界と私に「集団的自衛世界」の住人義務と責任を要求している❗

◼今、私は戦争状態に入ったフランスを見ながら「国家とは何か?」を考えています。

そして「国家」は我が身、我が愛する家族と故郷を守る「最強の盾(たて)で有り、剣である‼」…とも感じています。

残念ながら、理想は「神と共に在る天国」ですが、現実は「悪魔に支配されている地獄」に身を置いています。

これらは、あの大ウソ突きのマスコミの言う「愛憎(あいぞう)地獄」「金銭地獄」「戦争地獄」…の真っ只中に暮らして居ます。

それゆえに、我が胸の内に在る「天国生活」を奪還するために、社会的ルールを定め、家庭・国家・国際社会の「不動の基盤」構築に、血と汗と涙を流して来たし、今もこれからも戦って行かなければなりません。

修身斉家治国平天下❗仰天懸命❗

克己復礼、温故知新なのです。

とまれ「今後の展開」を刮目して要注視して参りましょう❗

◼⤴安倍内閣支持51%(不支持38)、自民支持40%、⤵民主支持7%、共産党5%…読売世論調査11/6-8

🌀さて皆さま、本日もお気軽にコメントや投稿を下さいね~♪  お待ち致しております (^^)/

🔴聖書「虹(にじ)は希望の約束🎵」…創世記 第9章9-19

「わたしはあなたがた及びあなたがたの後の子孫と契約を立てる。 またあなたがたと共にいるすべての生き物、あなたがたと共にいる鳥、家畜、地のすべての獣、すなわち、すべて箱舟から出たものは、地のすべての獣にいたるまで、わたしはそれと契約を立てよう。 

わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪水は、再び起らないであろう」。 

さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるすべての生き物との間に代々かぎりなく、わたしが立てる契約のしるしである。 すなわち、わたしは雲の中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。 

わたしが雲を地の上に起すとき、にじは雲の中に現れる。 こうして、わたしは、わたしとあなたがた、及びすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた契約を思いおこすゆえ、水はふたたび、すべて肉なる者を滅ぼす洪水とはならない。 にじが雲の中に現れるとき、わたしはこれを見て、神が地上にあるすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた永遠の契約を思いおこすであろう」。 

そして神はノアに言われた、「これがわたしと地にあるすべて肉なるものとの間に、わたしが立てた契約のしるしである」。 箱舟から出たノアの子らはセム、ハム、ヤペテであった。ハムはカナンの父である。 この三人はノアの子らで、全地の民は彼らから出て、広がったのである。

スポンサーサイト
別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
■!(^O^)!自民=公明全員当選(都議選)。都民もアベノミクス支持!!
2013-06-24 Mon 08:00



■【大螢 ゆらりゆらりと 翔びにけり /小林一茶】

ここ最近、ラジオ・テレビに「ホタル」の話題が連日、とりあげられています。

山沿いの流水域を中心にゲンジボタル、村落域の田んぼや湿地そして池などにヘイケボタルが棲息するが、

市街地や都会化した場所の棲息は皆無です。

そんな中で唯一、日本とアジア、いや世界に1つ「板橋区ホタル生態環境館内せせらぎ」にて、

今、多数のゲンジボタルとヘイケボタルの自生を視認する事ができます。

来月の、ヘイケボタル特別夜間公開7/13-14-15(祝)にはぜひ、万障繰り上げてご参集いただけたら幸いです。

日本と日本周辺地域の「ホタルの群れ翔ぶ原風景」を、我が心の故郷として再確認できます。

【画】自・公は都議選完勝に続き参院選も完勝する!?


■真の政治は、選挙で過半数、いや3分の2を獲得して行う事ができます。

大蔵-財務省の再編(国家財政洗い出し)を始め、自衛隊を国防軍・世界平和軍化するためにも、また「日の丸」と「君が代」を日本国と日本人の中心に据えるためにも、靖国を英霊の城=殉国の墓標とするためにも…。

独立国家ならば、政治力が不可欠な要件なのです。

■ホタル館異常無し
退館25:29入館05:50

「絵ハガキ(整理券2付)」販売中

■(参考) Dr.ABEのホタル-ハチ-放射能
①http://twtr.jp/user/hotaru_abe/status?
②http://hotaruabe.blog72.fc2.com/

③ホタルさんの目 (マイ=ブログ)。
http://fairfly1092.blog24.fc2.com/
④tokuji.higuchi@facebook.com
別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
■今こそ小沢一郎を仰視せよ!!
2012-07-01 Sun 16:00


【今こそ、小沢一郎に注目を!!】

■先ずは「量よりも質」と50人でスタート。小沢学校の優等生と落第生を見せて戴く。

「この指に止まれ!!」と勇輝ある基準が示された。先ずは、汚濁の中の政界再編に期待したい。

■美事、男・小沢一郎が、数々の自爆タイマーを仕掛けて「堕落・民主党」から脱出した 。

今や民主今こそ小沢一郎を仰視せよ!!
別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
■急げ原発事故処理!! 放射能【徐染から半減・消染へ!!】
2012-02-01 Wed 08:00


■急げ原発事故処理!! 放射能【徐染から半減・消染へ!!】

「事件は現場で起きている!!」とは刑事ドラマの名ゼリフであるが、

この厳冬の最中にも、東日本大震災と原発事故の、被災者・被災地たちは「放置」されたまま、生死をさ迷う最悪な環境下に居る。

今や日本国は、責任ある政府が不在の「無政府状態」「非常事態」である。
今、心ある愛国者・愛郷の士(サムライ)は、真正日本に回帰するため、1刻も早い「解散・総選挙」に向けて、責任ある新日本救国政権の実現のためがんばっています。

ホントに国民は、首相・官邸、内閣、大臣・省庁の、独り善がりの愚策に、国民は呆れております(困るを通り越して)。

■【徐染遅滞の元凶は誤れる民主党政権!!】

敗戦後、日本人の得意(訓練された)とする「滅私(自己否定)」精神から、自国以外のすべて価値観を甘受して、今日の「無責任・日本社会」が在る。

最悪な日本政府(代議士と官僚)と、日本(大手)マスコミ、大人社会がその結実である。

歴史的にも「大震災と原発事故」対応では、最初から今までの逃げ腰とウソ・ゴマカシ、責任転嫁、怠慢と無責任の極みは、

日本歴史で初めての、醜い裏切りの社会を現出させた、と言って過言ではない。

日本精神(大和心)への真逆、裏切りである。

この象徴が、放射能汚染の解決姿勢と、簡単な放棄姿勢である。偽りの終息宣言がその典型である。

マニフェストの放棄などは、かわいいものである国民も「国家安全保障」「反増税」「景気活況」「生活向上」の旗を、日の丸と共に高く掲げましょう!!
別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
(^Q^)/ 2/11・日本国の建国記念日(御誕生)お目出灯うございます!
2008-02-12 Tue 09:25
(^Q^)/日本国の建国記念日(御誕生)お目出灯うございます!

■ようやく、雪名残りから解放され、冬晴れの祝日「建国記念日(旧・紀元節、建国祭)」を迎えました。

約6000からの小島群(日本列島)からなる、この「日本」に、定着定住した人々が、今から2668年前、神武天皇(ジンムテンノウ)の即位を機に【日本国の建国】と定めた事は、ご存知の通りです。

もちろん、その大和時代の以前にも【神話期】として天照大御神(アマテラスオオミカミ)から始まる歴史がある。

しかしながら、よくまあ、飛鳥、奈良、平安、鎌倉、南北朝、室町、安土室町、江戸、明治、大正、昭和、そして現在・平成時代と、現在の第125代の今上(平成)天皇に至るまで、2668年間も【独立国・日本】として生き永がらえて来れたなぁ、と天地の神と先人の愛郷・愛国の智恵心に感謝するばかりだ。

みな様と共に、きょうも1日、世界と日本の希望の未来に、想いを巡らしながら過ごせる事に、心より感謝したい。

*画像は、早朝撮りの国旗【日の丸】。

20080216201419.jpg
DVC00081.jpgDVC00077.jpg

別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
●紀元節(建国祭)を前にして、今冬8回目の降雪有り!憂国の士よ、起て!!!
2008-02-09 Sat 09:32
■昨夕は、この冬、8回目の雪が東京に降った。東京ドームからの帰り道、地下鉄(トンネル)を抜けると「雪のドシャ降り」だった。

深夜の自宅帰路は、前回同様、自転車をホタル苑に置いての、1駅雪中行進となった。モチロン、昨夜も今朝も、雪国作業員(ホタル再生)仕様の長靴が、威力を発揮し、転倒から我が身を守って呉れたことは言うまでもない。

■紀元節前日に白雪を詠む

白雪に、大都会清め、紀元節。(夢心)

白雪や、美麗を極む、紀元節。(夢心)

白雪の、人心替えよ、紀元節。(夢心)

■みな様、用心、用心、足元転倒、ご用心!!

*画像は、積雪量が心配になって撮った外周と、ホタル川など。

SANY0462.jpg
DVC00078.jpgDVC00084.jpg

別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
(^O^)/. いざ、2 月 ( 如月・衣更着 ) に突入で~す !!!
2008-02-03 Sun 18:00
■いよいよ2月に突入し、厳寒の期間を迎えた。むかしの陰暦では「如月(キサラギ)」と呼んでいた。

その語源は、寒さが一層増すので、重ね着を余儀なくされるところから「衣更着(キサラギ)」と書いたことによるという。

確かに、寒さのトンネルに居るようだ。
夏には夏のように、冬には冬のように、時間を惜しんで楽しんだ子供時代を思い起こして、有意義な短期間としてゆこう!!!

■2月の詩
ときを待つ、思いも充つる、2月かな。(夢心)

産道を、くぐりて抜けよ、春の園。(夢心)

衣更着ぬ、寒を遊びつ、日をめくり。(夢心)

きさらぎに、入りての寒さ、なつかしき。(野見山ひふみ)

きさらぎの、よもぎ(蓬)を焚けり、深大寺。(宮岡計次)

木曾馬の、黒瞳(メ)見開く、2月かな。(大峯あきら)

父のせし、ごとく賀客を、もてなしぬ。(山口いさを)

節分や、鬼も医師も、草の戸。(相生垣瓜子)

八方へ射る、芦の矢や、追難式。(五十嵐播水)

夜の空も、北は淋しき、鬼やらい(矢来)。《相馬遷子》


■今夜(2/3・日)は【春(立春)の節分】である。正しくは、陰暦の24節気の気候の変わり目、つまり立春・立夏・立秋・立冬の前日がそれである。

日本の伝統行事(ならわし)として、豆を撒いて鬼を追い払う追難行事や、ヒイラギ(柊)の小枝にイワシ(鰯)の頭にツバを掛けて焼き、家の入口・窓に掲げるなどしてきた。これは家人に災悪をもたらす「悪鬼追放!と悪鬼侵入阻止」を企図したもの。

特に陰暦では、立春から新年(元旦・正月)が始まるとして、前夜に「豆撒き」等々をする節分が今に残った。

さぞかし今晩の「豆まき」は、今、日本人と日本国を急襲する【中国ギヨーサ事件】【北朝鮮拉致・核ミサイル犯罪】【アルカイダ国際テロ攻勢】【新型インフルエンザ侵入】等々の厄災阻止を願って、派手に撒かれる事だろう。

■画像は、今朝未明からの降雪により積雪した「駅前広場」の様子。

どうもこの雪、しばらく止みそうにありません。今夜中の冷え具合と、明日の朝・昼が心配です。

皆さま、冷え症(病)や事故には、くれぐれもお気を付け下さいませ。しばし、小休止を…。(祈り)
                                     感謝!感謝!感謝!

SANY0436.jpg
SANY0405.jpgSANY0424.jpg

別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
( ^^)Y☆Y(^^ ) オリンピック代表選考、男女ハンドボール大会に熱狂!!!
2008-01-31 Thu 04:05
■1/29(火)と1/30(水)の連夜、オリンピック代表選考の男女ハンドボール大会、白熱の「日韓戦」を観た。

私の「ハンドボール」との出逢いは、ごく自然な日常生活にあった。小学生高学年の担任が、「国体」の教員の部、県代表選手として、当時、毎年出場していたからだ。彼は大会が近づくと、校庭でサッカーのゴールポスト目掛けて、鞍馬山の鬼の形相で、ランニングシュートを繰り返していた。

今思えば、手の掛かる小学生たちの、面倒を見ながらの「独り練習」の心境は、さぞかし心細かっただろうと、同情を禁じ得ない。

ただ、もの凄いスピードでダッシュとジャンプ、そして激しいシュートの光景は、今大会の日韓激突のゲームを見ていて、昨日の出来事のように思い出された。

お蔭様で私も、彼の指導と影響下、陸上競技の全般、格闘技、バスケット球技にノメり込んだ学生時代を過ごすことになった。

■昨日(1/29)の「女子ハンドボール・日韓戦」には、鬼気迫る韓国選手の豪快さと、健気(ケナゲ)にも追撃に終始した日本選手の姿に大感動した。

13点の僅差で敗れたこの勝敗は、過去の実績を思えば、讃えられるべき大健闘であった。大会及び選手関係者も、そして会場の観衆も、皆同感し納得した好ゲームであったと思う。

北京五輪の最終選考試合は、3月に有るという。再チャンスを天佑と感謝して、もう一度、列島一丸となって日本代表を応援し、北京に送ろうではないか!(ハンドボールと日本国万歳!!!)。

ちなみに、今夕7時から、衛星テレビ①で、男子の日韓戦が放送される。
( ^^)Y☆( ^^)Y☆Y(^^ )

■昨晩も、連夜の「ハンドボール・男子日韓戦」を観た。

鬼気迫るゴールシュートの応酬とスピードゲームに、約1時間半、目を離せない、手に汗握る日本応援となった。

しかしホントのところは、好ゲーム・好プレー・選手と観客の好(昂)エキサイトに魅せられ、勝敗は事後の結果であることに気付かされた。

結果は、3点差で日本の惜敗(28‐25)。それでもハンドボールならではの魅力が、遺憾無く発揮された、素晴らしいゲームに満足度100%。日本が勝利すれば1000%の歓喜に満たされたことだろう。

この5月に、男子選考最終決戦が有る。男女選手たちのガンバリに期待したい。
    ◆ハンドボールと日本に大感謝!( ^^)Y☆( ^^)Y☆Y(^^ )

20080201225144.jpg
SANY0334.jpg20080201222353.jpg


別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
年末に  を叫びたい、気分です。
2007-12-31 Mon 19:55
(^Q^)/ 本年も有難うございました!!みな様も、良いお年をお迎え下さいませ。

◆今朝は、ピッカピカの日本晴れ。【終わり良ければ、すべて善し!!】 そんな好感度アップで1日を出発しました。

本日は、わたしの干支 < いのしし・亥= 韓国・中国ではぶた・豚 > の、最期の1日でした。
忘れられない、平成19年(皇紀2667年)の1年間となりました。天地人、万物、隣人、すべてのみな様に感謝を申し上げます。

◆この年末年始を、例年通りの「ホタル苑」「東京ドーム」を中心に過ごします。年末年始と日頃の欠礼を、伏してお詫び申し上げます。 m(__)m

本朝のように、新年こそ、世界中の人類= 兄弟姉妹たちの頭上に、愛と希望の陽が、高く高く昇って呉れる事を祈ります。
満天の日月星と共に、愛と希望の新しい年が訪れますことを…。

来年は、生涯で1番良い1年になる、と確信せよ!! 天よ地よ、その力を見せよ!!

◆朝陽の昇らない朝はない。闇は深ければ深いほど、輝く旭光は昇る!!

谷底に落ちれば、登り道しかない。頂点を極めよ!! 天と地を抱け!! 

躁鬱(ソウウツ)の、鬱(ウツ)とは、生命を充電している時。
鬱蒼(ウッソウ)の鬱は、ジャングルのように草木枝葉が生い茂る状態を言う。あらゆる可能性を秘めたトキである。

次(来年)は、ホップ・ステップ・ジャンプと、高く高くジャンプする時である。頑張って行こう!!!

SANY0326.jpg
P1006116.jpgSANY0254.jpg

別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
(^ .^)y-~~~皆様お元気ですか?ようやく12月に入ったね。本年に有終の美を!!
2007-12-01 Sat 00:00
◆この季節に直面すると、いつも「あのユーラシア大陸の制覇を目指したナポレオンでさえ、ロシアの寒さ(冬将軍)に勝てず撤退を余儀なくされた」ことを思い出す。生まれ育った関東南部の、「赤城(山)おろし」のカラッ風の寒さと言ったら半端では無かった。

◆いよいよ今日から12月入り。まさに師走(シワス)ですが、わたし達も焦って、走って転ばぬように、安全運行に努めて参りましょう!

怪我や事故、そして病気に遭遇しても、誰も誉めては呉れません。逆に、わたし達の欠点をあげつらう…、そんな不快な結果をもたらす事になりかねません。今年も「有終の美」を飾って、感謝の年と致しましょう!!

◆今月のことば
①為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり(上杉鷹山から米沢藩主への伝国の辞より)

②和をもって 貴しとなす(聖徳太子の17条の憲法から)

③月日は百代(ハクタイ)の過客にして 行きかう年もまた旅人なり(松尾芭蕉の奥の細道から)

④父子は「仁」 兄弟は「礼」 夫婦は「智」 朋友は「信」(吉田松陰の師、儒学者・山鹿素行のことば)

⑤一遇を照らす者 これ則ち国宝なり(天台宗の開祖・最澄の山家学生式から)

⑥日 常に照らして 自らその恩を知らず 水 常に潤して 自ら徳とせず(真言宗の高僧・慈雲のことば)

⑦天に星 地に花 人に愛(作家・高山樗牛のことば)

SANY0055.jpg
P1005970.jpgSANY0201.jpg

別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ∞ホタルさんの目∞ | NEXT