■ \(^O^) 随想 ・ 2月の風を スイスイと泳ごう !!
2007-01-31 Wed 23:51
▼今年の2月は28日間しかない。慌ただしく、昨年の12月を乗り越え、また新年の1月を盛り上げて来た。結果、2月は日数が中途半端なのも手伝って、焦燥感と脱力感の空回りさえ覚える(^_-)。

こうした時こそ、隠忍自重、石橋を叩いても渡らない慎重さを求められている気がする。かの超芸術家・岡本太郎の口癖、<生命は爆発だ!芸術は爆発だ!>ではないが、フランスのブルジョワ2月革命、ロシアの2月革命、日本の2.26維新未遂、フイリピン2月革命など、暴発は少なくない。

▼ちなみに、2月の別称はきさらぎ(如月・生更ぎ・更衣・更衣着)となる。前者は<生物の芽の伸び始め>を意味し、後者は着衣等の重ね着や、着替えを意味しているようだが、確かに内気は春だというのに、外気は未だ冬の厳しさが残る様相にある。

眺めやる、四方(ヨモ)の山辺も、咲く花の、におひに霞む、二月の空  …近衛基平   
    〓春は名のみの風の寒さや…〓の歌の通りに。

しかし「暖冬」が叫ばれて久しい昨今、内なる熱気(マグマ)に正気を失い、凶悪な犯罪や大事故,大病を引き起こす事か無いように…と、皆んなの平安を祈るばかりである。

▼ところで「閏年(ウルウドシ)」とは、2月が29日間ある年の事。また、西暦の年が4で割り切れる年でもある。

閏年が生まれるのは、地球が太陽の周りを1周するのに、365日間ではなく、365.2422日間だからだと言う。結局、誤差を補正するために、4年に1度、2月に1日を加えて366日間となった。

P1002412.jpgP1002384.jpg

スポンサーサイト
別窓 | ホタルさん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ∞ホタルさんの目∞ | NEXT