■3・11東北関東(東日本)大地震を考える■
2011-03-30 Wed 08:00
DVC00384.jpg

■3・11東北関東(東日本)大地震を考える■

【 進化せよ 神の意思なり大震災 バベルの塔やノアの箱船 】夢心

3・11東日本(東北・関東)巨大地震に急襲されてから、もう20日目を迎えた。

この衝撃波(ショック)は、数年間続くだろうと言われるほどの余震と共に、我々人間の精神世界に深々と「天のメッセージ」を注ぎ込んでいる。

かつての「関東大震災」に匹敵する数100年、いや1000年に1度と言われる歴史的天災は、そう簡単に幕を閉じてくれそうもない。

その光景、その出来事は聖書物語にある「ノアの箱船」そのものである。(ぜひ、そのページを覗いて見て欲しい)

人類が燈した「原子力の灯」を代表にした「被造世界」への扱いに、天が怒りのクレームを出したのだろう。

結果、大気汚染・水質汚染・土壌汚染・生物汚染と、我々人間の生命と存在を脅かす、根本的な「浄化への課題」「生命維持への課題」すらもが与えられた格好だ。

我々は悟らなければならない。この直接・間接的な「体験」を通じて、新たな個々人の「価値観」「歴史観」「人生観」を再点検、再確立しなければならない。

つまり、泥船ではなく、黄金の船・光の船に乗り換える天的チャンスにある事を。

さぁ、感謝して、今日もガンバルぞ~!!
スポンサーサイト
別窓 | ホタルさん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ∞ホタルさんの目∞ | NEXT