スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
■ 平成25.10/2(水)は伊勢神宮「式年遷宮」終盤の【遷御】です!!
2013-09-30 Mon 08:00
(=^・^=)/
おはようございます!!

【画】式年遷宮(しきねんせんぐう)

国家の繁栄と国民の幸せを祈念する20年ごとの「伊勢神宮」の遷宮行事です。

先日は、縁結びの「出雲大社」で60年ごとの遷宮が行われました。

正に古式豊かな「皇室・皇族」と同質の【国家的神祭(祀)り】が継承されております。

■【お伊勢さん】

いよいよ伊勢神宮では、あさって2013.10/2(水)に式年遷宮のクライマックスである神様の屋移り、つまり「遷御」が浄闇(じょうあん)と呼ばれる、神聖な夜の帳(とばり)の内で営まれます。

ちなみに、隣接する外宮では10/5(土)で同様の「遷御」がおこなわれます。

また、内宮・外宮の行事の最終日はそれぞれ10/3(木)10/6(日)の大御饌(おおみけ)の日、天皇の勅使が幣帛(へいはく)を奉納し、

平成17.5/2山口祭(用材切出し)から始まった式年遷宮は、大神楽で全ての行事を終了する。

■【伊勢神宮とは】

日本人にとって、最も偉大な太陽神「天照大神(天照大御神)」を祀っているのが、伊勢神宮/内宮です。

天照大神は、天に居て照り輝きたまう「大御神(おおみかみ)」という、最大の形容で表現されます。

古事記をひもとくと、天照大神の孫、ニニギノミコトの天孫降臨の際、天照大神は内宮の御神体となる鏡(かがみ)を渡して、

「わが御魂(みたま)として敬うように」と説き、これが日本の精神的支柱となりました。

更に、ニニギノミコトの血筋を引くイワレビコノミコトが【神武天皇】として即位し、現代の皇室に繋がっています。

1300年前の書物に、日本の国柄が見事に記されています。

遷宮の最大の意義は、神様の社殿を新しくする事で、人々の心も新たに成るということです。

東日本大震災を機に、日本人は物質的豊かさを追い求めた価値観を、見つめ直そうとしています。

昭和28年の遷宮は、敗戦で打ちひしがれた人々に勇気を与えました。

今回も、新たな道を求める私たちに、ひとすじの光を示してくれると思います。
 …(9/21産経新聞転載/皇學館大教授-毛利正守談)



■(参考)
Dr.ABE放射能(ナノ銀除染)情報
①http://twtr.jp/user/hotaru_abe/status?
②http://hotaruabe.blog72.fc2.com/

③ホタルさんの目 (マイ=ブログ)
http://fairfly1092.blog24.fc2.com/
④tokuji.higuchi@facebook.com
          (-。-)y-~
スポンサーサイト
別窓 | とくさんワールド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ∞ホタルさんの目∞ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。