■立ち上がれ、人類みな兄弟!! 宇宙家族の再建を!!
2007-01-26 Fri 23:59
▼久しぶりに、ホタルさんの存在価値を明確に解く「サムシング・グレイト」論者の村上和雄筑波大名誉教授のコラム記事に再会した。昨年暮、国際平和会議(広島)の総合司会をした時の所感だ。わたしの主唱(持論)と合致するので抄録した。是非ご1読を。

▼先生はまず冒頭に、ゲストスピーカーのノーベル平和賞受賞者であり、チベット仏教最高指導者のダマイ・ラマ14世のお話を紹介している。

【人間は、社会生活を営む生物である以上、個人の幸せは社会に依存している。経済や人口増加、環境問題など、あらゆる事象がグローバル化した時代だからこそ、世界全体を『人類家族』ととらえる考え方が重要だ。その意味で、人類一人一人が『普遍的責任』を負っているのである。

すべての人間は、他者を思いやる心を持つ。すべての人間は母親から生まれる。そして、母親から無私の愛情を注がれて育つ。他者への思いやりの心は、母親によって育まれるのだ。】

▼会議の末語は、以下の共同宣言で締めた。

【私たち、人類は1つの家族です。私たちは、他者が味わっている苦しみ、痛みに無関心であることをやめて、子供、弱者、高齢者の問題を、世界全体で考えなければならないのです。

問題が起こっているその原因は、私たち自分自身にあります。そして、その解決もまた私たち自分自身から始まるのです。世界を変えるのに必要な力は、あなたの中にあるのです】

▼先生は、このコラム記事で…、

【医学・生物学上で、20世紀最大の発見は、DNAの構造の発見と、遺伝の仕組みがわかった事である。その結果、カビ(黴)も昆虫も、植物も動物も人間も、生きとし生けるものすべては、同じ遺伝子暗号を使っている事がわかった。

この事は、相争っている人間も、自然環境の変化にさらされている全ての生物も、最初に生まれた生命に繋がっている兄弟姉妹である事を意味している。

だからこそ、人と人が愛し合い、助け合い、そして人間以外のすべての生物を思いやる心が大切である事を、生命科学の現場にいる者として感じている】と述べた。

P1002144.jpgP1002127.jpg

*イメージ画像は、時の栖(スミカ)ゾーンで撮影。
スポンサーサイト
別窓 | とくさんワールド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<■ \(^O^)/ ホタルの再生・復活に向けて、年頭に早や3件出動す! | ∞ホタルさんの目∞ | ■ナノ銀で先手必勝!! 急げ!鳥ウィルス&ノロウィルスの滅菌予防を !!>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |