スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
(^ .^)y=~ 雪と風と人情の「新潟・山形県」を疾走し、日本の極美と旅情を堪能
2007-03-12 Mon 23:59
▼ 長~いトンネルを抜けると、やはり、そこは「雪国」だった。前方に眼を転ずれば、新雪を冠した田畑、そして山肌があり、いずこも真新しい雪に覆われて、北国ならではの美しい冬景色だ。(画像参照)

今回の旅程は、上越新幹線で「新潟」へ。更に温海(アツミ)までは秋田行きの羽越本線。帰路は、山形新幹線で「新庄」から仙台・福島を通過して帰京という具合だ。(画像参照)

数日前までは、暖冬に打ち過ぎ、例年の豪雪地帯も雪無しの3月を迎えていた。ところが、1晩にして外気温が20゜Cも落下して、氷雪の雪国に舞い戻った。その影響下に当たったこの日は、暴風・暴雪で、1部の新幹線・特急が運休、遅延を頻発。例外無く私たちも足止め、遅延を余儀なくされた。よって、駅から駅へ、長距離タクシーのお世話になることも少なくなかった。

この企画は、山形県からの依頼で、小牧川・あつみ(温海)川の工事後の追跡点検と調査そして関係者との報告と質疑応答。結果、ホタル再生、関係者の心象も上昇気運であった。厳しい大自然の中で蘇るホタルさんに成り代わり、天地人に「感謝!!」の2文字である。

後楽の1っ目の【お宿】は大当たり。創業300年余の<あつみ温泉>老舗旅館「萬国屋」となった。流石に、海と川のソバに位置した萬国屋は景色に溶け込んでいて、歴史と風格を感じさせる、重厚な温泉ホテルであった。

後楽の2っ目は【食事】。米沢牛と庄内豚の肉料理に舌鼓を打ち、旬な地元海鮮と野菜鮮をたっぷりと頂戴して、極寒の外界も忘れ、ひととき、大満足の大牛と化した。

後楽の3っ目は【お風呂】。温泉浴は、ちょうど客足のまばらなことが幸いして、大きな湯槽を独占模様でゆっくりと暖を摂ることができた。
翌朝も6時から、大露天で雪風を受けながらの長風呂を楽しんだ。ナント風流な1ときなのだろう (^ .^)y=~

▼乱れ降る雪、吹き巻くる海風、1晩中ピューピューと風鳴り。あつみ駅員に「こんな時期に来る所では無ぇ」と開口1番言われたのも無理は無い。    
お陰様で、暴風・極寒(外気温1゜C、体感温度‐5゜C)の中、無事目的を果たして帰路に。

帰路、車中からメールで「いま在車の17:16新庄駅発の山形新幹線つばさは、強風等のため、遅れに遅れて22時半頃の東京駅到着になりそうです。

いまは宮城県の庭坂(ニワサカ)で約30分の待機中。福島駅で、東北新幹線MAXはやぶさとと連結し、東京駅に向かいます」と。
この夜、1時間半遅れて東京駅に着いた。 (^ .^)y=~

P1002989.jpgCIMG3032.jpg

スポンサーサイト
別窓 | ホタルさん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<■ ノーベル平和賞 「マザー・テレサ」の灯り(愛) を受け継ぐ者となろう !! | ∞ホタルさんの目∞ | \(^O^) 最近の日本列島 「ホタル再生ラッシュ!」の動向 を考察し、気概に燃える !>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。