スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ニセモノ、ホンモノのルーツ
2005-11-06 Sun 02:08
■人は、ともすれば、自分のみの過分な欲望(自己愛)の海に溺れて、自分を取り巻く、すべての存在(事物)によって「生かされている」という、原点(感謝)を忘れてしまう。真の愛(真の父母の愛)と感謝に両足を置いて立てば、自ずと個々人の言動は豊かな実りをうるだろう。

■ウソやハッタリ、ゴーマンのたぐいも、結局、ホントの自分の劣勢や醜悪を覆い隠すことにならず、天に向かってツバを吐く愚かな言動であったことを思い知らされることになる。冷厳な結果は、最初の1撃を原因として、粛々と準備されている。

■わたしは「許せ!愛せ! 1つになろう!!」を信条としている。なぜならば、幸せの国は、1つに成った者たちのみが入ることが出来るところだからだ。争いの真っ最中には、幸せの門は無い。

■人間社会を除いて、ほとんどの存在が、大宇宙の摂理(法則性)の中で、生き死にしている。メダカもホタルも野鳥などみんなそうだ。少なくとも、過分な自己愛に溺れた人間的ルールの中だけで
は、本来の価値を発揮できず、絶滅の片道ロードを強制される。

■わたしたちは、どこまでも「謙虚」で「忍耐」を忘れず、「感謝と真の愛」に溢れて歩んで行こうではないか。p(^^)q

■画像は、古き日本人の心の像。
P1000300.jpg

スポンサーサイト
別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<世代を超えた友人を持とう | ∞ホタルさんの目∞ | 涙の新幹線>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。