(^O^)/. いざ、2 月 ( 如月・衣更着 ) に突入で~す !!!
2008-02-03 Sun 18:00
■いよいよ2月に突入し、厳寒の期間を迎えた。むかしの陰暦では「如月(キサラギ)」と呼んでいた。

その語源は、寒さが一層増すので、重ね着を余儀なくされるところから「衣更着(キサラギ)」と書いたことによるという。

確かに、寒さのトンネルに居るようだ。
夏には夏のように、冬には冬のように、時間を惜しんで楽しんだ子供時代を思い起こして、有意義な短期間としてゆこう!!!

■2月の詩
ときを待つ、思いも充つる、2月かな。(夢心)

産道を、くぐりて抜けよ、春の園。(夢心)

衣更着ぬ、寒を遊びつ、日をめくり。(夢心)

きさらぎに、入りての寒さ、なつかしき。(野見山ひふみ)

きさらぎの、よもぎ(蓬)を焚けり、深大寺。(宮岡計次)

木曾馬の、黒瞳(メ)見開く、2月かな。(大峯あきら)

父のせし、ごとく賀客を、もてなしぬ。(山口いさを)

節分や、鬼も医師も、草の戸。(相生垣瓜子)

八方へ射る、芦の矢や、追難式。(五十嵐播水)

夜の空も、北は淋しき、鬼やらい(矢来)。《相馬遷子》


■今夜(2/3・日)は【春(立春)の節分】である。正しくは、陰暦の24節気の気候の変わり目、つまり立春・立夏・立秋・立冬の前日がそれである。

日本の伝統行事(ならわし)として、豆を撒いて鬼を追い払う追難行事や、ヒイラギ(柊)の小枝にイワシ(鰯)の頭にツバを掛けて焼き、家の入口・窓に掲げるなどしてきた。これは家人に災悪をもたらす「悪鬼追放!と悪鬼侵入阻止」を企図したもの。

特に陰暦では、立春から新年(元旦・正月)が始まるとして、前夜に「豆撒き」等々をする節分が今に残った。

さぞかし今晩の「豆まき」は、今、日本人と日本国を急襲する【中国ギヨーサ事件】【北朝鮮拉致・核ミサイル犯罪】【アルカイダ国際テロ攻勢】【新型インフルエンザ侵入】等々の厄災阻止を願って、派手に撒かれる事だろう。

■画像は、今朝未明からの降雪により積雪した「駅前広場」の様子。

どうもこの雪、しばらく止みそうにありません。今夜中の冷え具合と、明日の朝・昼が心配です。

皆さま、冷え症(病)や事故には、くれぐれもお気を付け下さいませ。しばし、小休止を…。(祈り)
                                     感謝!感謝!感謝!

SANY0436.jpg
SANY0405.jpgSANY0424.jpg

スポンサーサイト
別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<●紀元節(建国祭)を前にして、今冬8回目の降雪有り!憂国の士よ、起て!!! | ∞ホタルさんの目∞ | ( ^^)Y☆Y(^^ ) オリンピック代表選考、男女ハンドボール大会に熱狂!!!>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |