■必見!! ドキュメント【映画・明日(あした)への遺言】を観賞しました !!
2008-10-05 Sun 22:17
画像 002 (2)

■きようは、心待ちにしていたドキュメント【映画・明日(あした)への遺言】を観賞しました。

最近になって、失われた私たち人間の、各種各レベルの「品格」の有様とその回復が、盛んに取り上げられています。

この映画は、今だからこそ撮影し公開した、1人間の「公人・岡田資の最期」の「あるべき品格=生き様」を、世界に発信したものです。

ごぞんじ、驚異のマンモス・ベストセラー「国家の品格」、続いて「女性の品格」…と出版が続いています。

今、「日本国と日本人」、いや、世界の総ての人々に「人間としての品格」回復が願われているのではないでしょうか。

*主演の藤田まことが演じるのは「岡田資(たすく)中将」、夫人を富司純子「岡田温子(はるこ)」が。

*原作は、大岡昇平作品「ながい旅」、監督は小泉堯史。主題歌「ねがい」は、森山良子さんが歌う。

■ストーリーは、大東亜(解放)戦争の末期、米軍機による「日本列島大空襲=無差別焼滅攻撃」の帰路、機体故障で脱出した20余名を、青年将校が「斬首」した事件への、横浜裁判の顛末です。

当時、副官と不在していた地域司令官「岡田資中将」が、自らの命令で正当な処断であったと、この事件の責任を全て被り、国際法理の下、自己(日本軍)と「米軍」、世界の戦争の不合理を斬る!!

中でも、大空襲・戦災下における婦女子への、断ち切られる「悲しみ」と「愛」と「絆」への同情には、万人が慟哭、感動することでしょう。

勝者が敗者を断罪し、報復(憎悪と復讐)一辺倒の「東京裁判」に、普遍の真理は無い。いずれ東京裁判は、見直さなければならない。

この真正・日本人「岡田資」が、仰天献命をもって「明日への遺言」を遺した。

彼の心情は、若い頃から「日蓮宗・妙法寺(杉並区)」に参拝し、駒野日法上人の薫陶を受けた信仰心にあった。肉体の生死を超越した正邪の聖戦を、軍事法廷の場で「法戦」したと言える。

結果、この裁判で死刑判決は彼1人、部下の約20人は懲役刑で済む事になった。 

ちなみに、上記、日蓮宗「妙法寺(駒野日法(故)・教爾(故)両上人)」の血脈にある駒野教源上人は、世田谷区の「常在寺」の貫主であり、身延山宗務院の財務大臣を務める。私の教師の1人。

乞う、必見!!

*カラー110分。日本語・字幕有。映像特典有。¥4,935.

■当「DVD映画」の入手方法
①ネット販売「アマゾン」
②日蓮宗新聞社03-3755-5271
③相談は、私「とくじ」まで、コメントして下さい。


スポンサーサイト
別窓 | ホタルさん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<(^^)/おはよう!! またまた【ノーベル賞受賞】、おめでとうございます!! | ∞ホタルさんの目∞ | (^O^)/ おはよう~!! 早や10月入りしました。 「解散・総選挙」騒動は!!?>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |