スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
■ 頌 春 / 敬愛する同志からの年賀状
2010-01-03 Sun 14:00
■私の敬愛する同志からの年賀状を画像と共に、以下、御紹介いたします。
平成22年年賀

【 頌 春】

新年明けましておめでとうございます。
みなさま佳き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

元旦の今日東京は澄みきった空気の中、快晴の空で新年を迎えました。

昨年は日本の政権交代だけでなく、米国に初の黒人大統領が誕生するなど 世界が大きな変化に直面した年になりました。 その大きな変化に伴って起きた混乱は、さらに今年にかけて激しさを増してくる ように思います。

世界を見渡してもEUに初めての大統領が誕生、そして中国の力の台頭はいよいよ外交面で強い影響を及ぼすようになってきました。イスラム世界は未だ軍事的な混乱のさなかにあり、ラテンアメリカ諸国では多くの国が左派政権になってきております。

こうして見渡してみると冷戦終結後の米国一極覇権が弱まり、世界の構造転換が 起きようとしているところに、旧来の形を護ろうとする人たちと新たな構造を模 索する人たちの衝突があちこちで発生しており、その行く末は未だ混沌としてい ます。

こんな時代にこそ、一人ひとりが心の軸をしっかりと持っている必要があると思います。 幸いにして私たちの国日本には千数百年続く尊い家があります。これまでの長い歴史の間には、政治の激動にもまれることも多々ありながら綿々
と続いてきた家です。国が割れるような争いも最後には収まる、それは私たち日本人の心の軸になるこの家があればこそではなかったでしょうか?

先年皇居お堀端に咲くしだれ桜の優しい姿を見ながら、国の母といわれる御方の お姿に思いを馳せていたことがありました。

【 いたみつつ なほ優しくも 人ら住む
           ゆうな咲く島の 坂のぼりゆく

   風ふけば 幼き吾子を 玉ゆらに
           明るくへだつ 桜ふぶきは 】

「いたみ」を「優しみ」に変えうる有徳の人、・・・。 御うたの中に見られる深い愛情や関心は、ご自身の身近なところにとどまらず 植物までも含み、生きるもの全ての上に届いているようにかんじられる。

      …竹本忠雄著 「皇后宮美智子さま 祈りの御歌」より引用。


この御方の存在が、混沌を深める世界にあって、西欧キリスト教社会からも救いの聖母と意識されるようになってきているのではないかと聞きました。 私たち日本人の紡いできた歴史を心を鎮めて振り返り、今一度その価値とこれか らの役目を考えてみたいと思っています。

みなさまの新しい年が幸多いことを祈っております。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

   平成22年 元旦
       
** 添付には、恒例とさせていただいてからはやくも11年目なりました年賀 写真と拙歌を送らせて頂いております。** その読みを仮名で書きますと次の通りです。

   【 ほのぼのと はるはあけにし おほりばた
            とほときははの こころやすかれ 】

************************************ ****

追伸:現在書店で売られている「龍馬」に関する書籍は100種類を越えているといわれていますが、「龍馬旅」という本(株式会社交通タイムス社発行、\1,050円)に、小生が2編ほど寄稿させて頂いております。

   題目:龍馬の人物像に新視点から迫る
      ・龍馬が生きて明治を迎えていたら・・・
      ・歌人龍馬
   ご興味ある方は是非読んでみてやって下さい。

画像 065
*「いざ、ホタルと共に光りの国へ!」



スポンサーサイト
別窓 | ホタルさん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【年頭2題】 ■日本国が沈没しょうとしています。 ■スゴイ事になった!!ついにグーグルが中国情報を全面解禁に!!。 | ∞ホタルさんの目∞ | ■ 謹賀新年22/1 【 ホタルさんと光りの国へ!! 】 (^O^)/>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。