■今、「普天間基地移転」で正論!孤軍奮闘の平野博文官房長ガンバレ!!
2010-01-28 Thu 08:00
画像 100

■今、「普天間基地移転」の問題で、無策政府の中、「平野博文」官房長官が「正論」を吐いて孤軍奮闘している。

日米両政府が、基地周辺の住民被害を無視できず、「完全移転」に向けて、10年以上の歳月をかけて「候補地選定」など、万端の準備を完了している。

ところが、残るは完全移転の実行のみ!!、実現ま近か、と言うところで、不幸にも「宇宙人・鳩山トホホ」と遭遇してしまった訳だ。

今回の「平野発言」は、既存路線に戻して、日本国の平和と安全を保障すべく、日米同盟の維持を目指すものである。
約束通り、すでに米オバマ政権は、名護市辺野古沖と1部グアムへの移転費用を議会決議して、日本国政府の実行を時遅しと待っている。

日本国民は、劣悪な「鳩山・小沢トホホコンビ」に、これ以上、振り回されてはならない。

■まことに「オソマツ(下手)」な政権運営が続いている。小学校の生徒が、自治活動の体験学習しているようだ。

激変する国際社会の中で、確実に「日本国」の評価と「総合力(生命力・パワー)」が急激に落下している事はマチガイない。

しかし、外国の低落評価だけでなく、実際の日本政権が「無政府状態」になっている事に、もっと恐怖を抱いている。
パイロット不在、船長不在、司令部不在、責任者不在なのである。

こうした「ダメ人間」「ダメ集団」を選んだダメ国民は、天に向かってツバ(唾)を吐いた天バツ(罰)を受けている、と言って過言ではない。このまま現状が続けば、日本国は自ら崩壊し、日本人の心魂は跡形も無く消滅るだろう!!。

かつて栄えたと言われる、「マチュピチュ」「インカ」「アトランティス」「エジプト」…等々との幻の国と同様、日本国は「幻の黄金と火山諸島の遺跡」として仲間入りする事だろう。

自殺防止の叫ばれている最中、個人の愚考によるもの同様、集団や国家、人類にも有り得る事を、今見せつけられている思いだ。

画像 075

スポンサーサイト
別窓 | ホタルさん | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<■ もっと光を!!  地球生態系を再起動せよ!! 愛と真理こそ真の光である!!  | ∞ホタルさんの目∞ | 【年頭2題】 ■日本国が沈没しょうとしています。 ■スゴイ事になった!!ついにグーグルが中国情報を全面解禁に!!。>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |