\(^o^)/慶祝: 建国記念の日 弥栄~🎵
2016-02-11 Thu 06:00

 【(^^)/ 皆様、お早ようございます❢❢]

2016年2月11日(木)  ☀快晴11℃(東京)

🎌(祝)建国記念の日…皇紀2676年(平成28年)。ぜひ、日本統一への苦労を偲びYouTubeで「海道東征(かいどうとうせい)」を御傾聴下さいね~🎵。北原白秋作詞の交声曲です。(別掲)

 

🌕【聖書/私たちは1つで在る❗】…コリント1書 第12章14-26 (全文後半) 

 

🌑急げ!!  北朝鮮制裁❗❗

米韓日3国「中国と北朝鮮、同じ穴の狢(ムジナ)」と見限り、3国独自制裁へ❗

日本も独自再制裁へ❗…核開発、阻止!!ミサイル無力化!! 拉致奪還!!

 

💣2/7北朝鮮「09:31自滅弾発射❗」

国連決議違反!!=米韓中日勧告違反!!

ご存じ従来、国際社会は「核兵器」は不使用、核抑止平和維持を目的とし「核不拡散・核削減」に努めて来た。しかし、先軍好戦主義の【北朝鮮】だけは異質で、核使用を目指して開発に狂奔して来た。正に世界戦争の火種。今後の動向要注視❗

 

◼「国会論戦」と各党の衆参「選挙」準備に注目❗ 

                                                  

国会と与党は、先ず【天の時】をロスする事無く、勝利を死守しよう❗…国家国民に1番重要で大切な「国家予算」を粛々と速やかに成立させなければ成らない。そして予算執行の現場まで、急ぎ降ろさなければならない。これが今の天の命題で有る。

 

◼◎世界福地(ユートピア)運動❗

①真の愛に根差した言動を❗

②中心を求め1つに成ろう❗

③自己の存在意識の滅却を❗

④より「神さま側」位置で❗ 

 

◎そのつど再確認すべき事。

①大目的(戦略…幸福や安心など) ②方向性(戦術…計画や方法、段取り) ③位置性(今の所在場所) ④日々三省(天に対して、隣人に対して、感謝で身辺整理を)

 

◎忘れてはならない事。①先ずもって自己を「神仏様側」に立て、すべての出来事や課題を「御神仏様と悪魔の働き」として分析し理解する。そして「祈る、語る、行動する」原点で在る。②何事も、思うのは直線的だが、その実現は「前段、中段、後段」の時間を経るものと心得よ❗③勝利の栄光は常に天に!! (栄光在天)  不足や失敗は我に!! (日々三省、自己成長促進を)

 

■左翼=共産党の言う「オール(反対)沖縄」のデマ宣伝(ウソ)は、推進派圧倒勝利の事実によって完全否定されました。(^o^)v

 

沖縄/宜野湾市「推進派市長当選❢」佐喜真(さきま)淳27,668当、志村21,811落。

 

■各社最新の世論調査メモ🎵

   …2/7NHK調査⤴4p安倍政権!!

 

🌕最新「共同通信社調査」1/30-31

⤴安倍内閣支持53.7%(前49.4)。

 

🔴最新「読売世論調査」1/30-31実施。

⤴安倍内閣支持56%(前54%)、政党支持率自民党40%(同)、民主7%(8)⤵、公明4%(同)、共産4%(同)。

 

🔴最新「産経世論調査」1/26発表。

⤴安倍内閣支持48.5%(前47.8)、政党支持率⤵自民党35.5%(前37.9)、⤵民主8.4(前9.4)、⤴公明5.8(前4.5)、共産5.3(同)、⤴維新1.6(前1.1)、⤴大阪維新5.3(前4.4)、改革0、⤴社民1.0(前0.9)、⤴生活0.7(前0.6)、日本こころ0.2   …以下略

 

🌕【聖書/私たちは1つで在る❗】…コリント1書 第12章14-26

 

実際、からだは一つの肢体だけではなく、多くのものからできている。

 

もし足が、わたしは手ではないから、からだに属していないと言っても、それで、からだに属さないわけではない。 また、もし耳が、わたしは目ではないから、からだに属していないと言っても、それで、からだに属さないわけではない。 もしからだ全体が目だとすれば、どこで聞くのか。もし、からだ全体が耳だとすれば、どこでかぐのか。 

 

そこで神は御旨のままに、肢体をそれぞれ、からだに備えられたのである。 

 

もし、すべてのものが一つの肢体なら、どこにからだがあるのか。 ところが実際、肢体は多くあるが、からだは一つなのである。 目は手にむかって、「おまえはいらない」とは言えず、また頭は足にむかって、「おまえはいらない」とも言えない。 

 

そうではなく、むしろ、からだのうちで他よりも弱く見える肢体が、かえって必要なのであり、 からだのうちで、他よりも見劣りがすると思えるところに、ものを着せていっそう見よくする。麗しくない部分はいっそう麗しくするが、 麗しい部分はそうする必要がない。神は劣っている部分をいっそう見よくして、からだに調和をお与えになったのである。 

 

それは、からだの中に分裂がなく、それぞれの肢体が互にいたわり合うためなのである。 もし一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、ほかの肢体もみな共に喜ぶ。

スポンサーサイト
別窓 | とくさんワールド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<"海道東征 第一章 高千穂/東京音楽学校管弦楽部・合唱団" を YouTube で見る | ∞ホタルさんの目∞ | 半世紀ぶり悲願の両陛下「訪フイリピン」へ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |