スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
■「桜の花」の爆発で、日本列島がサクラの色香に…!!
2006-03-30 Thu 08:00
○催花雨(サイカウ)が日本列島にサクラを招いた。靖国神社のソメイヨシノ(開花基準)も3/27に満開宣言。いよいよ待望の東京桜の揃い咲きだ。

○ところで、日本列島は近年にない厳冬で、正月から3月末の今日まで、降雪の
便りが届かない日はなかった。

○今朝の東京も冬並みに寒く、ニュースで東北・北陸では雪が降り続いているという。昨日の仙台楽天球場でも、ゲーム中に降雪があり、敗戦した野村監督が大いにボヤいたという。

○そういえば今年に入って、あまりの破天荒な気象変化に、桜の開花とお花見予想を口にする者を見たことがない。

○ただ最近、スグ散ってしまうのを気にしてか、天気予報者がしきりに、お花見は今週末の土曜日が最適、と繰り返している。

○それにしても、朝晩の冬バリの寒さ、突然の風・氷雨の急襲を見ていては、そう楽観的には踊れないものである。

○もともと桜の開花・満開・散花はアッという瞬間(?)の出来事だ。よくサクラの花は日本人の生き様に例えられている。防人(さきもり)思想・武士道精神・大和心(やまとごころ)・日本精神の神髄がそれである。

〇このサクラの季節は、新しい1年の出発の時。日々三省、温故知新、自分の長所・短所を再確認しながら、新しいステージに挑戦するときでもある。

○また、隣の小・中学校の入口付近や、校庭の周りに咲いているサクラの木を見ると、学童時代のお絵描き(写生)・教科書の挿し絵・入学式・卒業式・父母兄弟幼友達故郷の思い出が、走馬灯のように蘇ってくる。

○さくら・サクラ・桜は、私たち日本人にとって、「ただ者」ではない存在感を誇示している。

P1000648.jpg

スポンサーサイト
別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<■新年初羽化!ホタルさん、こんばんわ! | ∞ホタルさんの目∞ | ■ありがとう!ございますm(__)m ブログ訪問者数1000人を記録!>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。