■天と地の、人類の、国の、家庭の、わたしの「お宝」=子供たち、万歳!
2006-10-30 Mon 23:16
▼天高く、涼風の中、日々、気持ちの良い秋の朝をスタートしています。

しかし、ニュースでは、悲しい「イジメによる自殺や殺人」の話しが、連日報道されています。「生と死」」の問題までいくと、哲学と宗教の取り扱う世界です。

▼特に、生と死の1線を越える「力」は、愛の力と憎しみの力、つまり、神か、悪魔に押し出される衝動力の結果です。

損得(メリット)を計算する、知性や理性レベルを超えた、「情動・衝動」をコントロールできる、更に高いレベルの「人格力」を獲得させる教育(人格教育)が不可欠です。繰り返される殺人、自殺に1刻も早くストップを掛けなければなりません。

▼宇宙の動向変化はいざ知らず、水と生命の惑星=地球の変動は、様々な専門誌やマスコミで、繰り返し報道されています。(地震に連動する、地表プレートの移動、地殻変動」「暖冬・冷夏・台風等々に繋がる、全地球的な異常気象」「人類の人口爆発と産業資源の枯渇や食糧不足等々)

しかし、私たち人間の、根本的な問題・課題は、天と地と人類(人間)の在り方、宇宙と人類(人間)、地球生態系と人類(人間)など、その関係性があまりにも「あいまい(曖昧)」な事であります。

▼朝(アシタ)に 道を聞かば 夕べに死すとも 可なり(論語)。
つまり、人間とは何か?幸せとは?価値とは?人間は何処(ドコ)から来て、いま、何処に居て、これから何処に向かうのか?神仏の存在の有無。宗教とその目的は?科学とその目的は?こうした本源的な問い掛けに、正当な答えを見いだすには、歳月が必要です。

しかし、前述の論語にあるように、真理・真実・事実・内仕組み・外仕組み等々を知り、考える勉強(学問)は、まったく楽しいもの。学校生活も、自然、楽しくなるものだ。

▼授業や学校生活が、子供たちにとって、苦しいだけで、窒息する場所になっているなら、即、学校関係者や、父兄は体(教師・父兄生命)を張って、その子供を守り、環境改善に献身すべきである!!

P1001004(1).jpg

*秋の陽光を浴びた<神社>のたたずまい。万福到来を祈り、合掌。
スポンサーサイト
別窓 | とくじ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<\(^_^ )処女本「ホタル、こい!」 Dr.ABEの初本が出たよ~!( ^_^)/ | ∞ホタルさんの目∞ | ■ホタル再生と、日本と日本人の蘇生・再生を考える①>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ∞ホタルさんの目∞ |